Mogura's Photographing with FaLiLV

東海道線静岡地区で撮り鉄活動をしています。Twitterを見ながら撮影に出かけます。一眼レフ歴は2年です。まれに鉄道模型ネタも上げます。
洋楽や邦楽の英語詞の和訳もしています。
個人的にはFear,and Loathing in Las Vegas というバンドの和訳を主にやってますが、リクエストがあれば気軽にコメントでどうぞ~
写真の更新は停止していますが、Twitterの@seikomodelclub3にはあげてますのでそちらをどうぞ。

Fear, and Loathing in Las Vegas「Solitude X'mas」歌詞和訳

こんなクリスマスの夜には、こんな曲を...


黒文字はSoさんパート(クリーンヴォーカル)、赤文字はMinamiさんパート(スクリーモヴォーカル)、緑文字はSoさん&Minamiさんパートです。



It's December (and) the snowy season has arrived
12月だ 雪降る季節がやってきた
Town is shining bright with illumination
イルミネーションで街は明るく輝いている


Every once a year this day comes
一年に一度 この日がやってくる
Families, Friends, and Couples all celebrate with feast and cakes
家族や 友人 恋人達は皆 ご馳走やケーキを食べながらこの日を祝福するんだ
smiles (and) laughter spread all over but I am sitting on a freezing concrete tile
笑顔や笑いがあちこちに広がっている
けれど僕はこの冷たいコンクリートのタイルの上に座って
Waiting alone
独り
curled into my fur
毛布にくるまって 待っているんだ


Staring at (the) people passing by
通り過ぎる人々をじっと見つめて
question why I am here
僕は何でこんなところに居るんだろう だなんて自分に問いかける
Warm light from the house window
家の窓から零れる暖かい光が
(surround me.)
(僕を包みこむ)
making my tales drop low
僕の夢物語を終わらせる
O-o-o-o-o-o-o-o
O-o-o-o-o-o-o-o
Snow starts falling from the sky
そして雪が降り始める
(I hear) people singing from far away
遠くで 人々が歌っているのが聞こえるんだ
O-o-o-o-o-o-o-o
O-o-o-o-o-o-o-o
lying down in front of entrance by myself
けれど僕は独り 入り口のところで横たわって
Wondering when she is coming back with our feast
彼女はいつ ご馳走を持って僕のところに帰ってくるんだろう なんて思ってる
I'll wait for you
僕は君を待つよ
No matter how long
いつまででも
Please do not stand me up on Christmas
このクリスマスの夜に どうか帰ってきて 
(l want to be with you forever)
(いつまでも君と居たいんだ)
Stay by my side
僕の傍に居て欲しいんだ
On this special night
この特別な夜に
I want you to pat my head gently
僕の頭を優しく撫でて欲しいんだ
(l want to be with you forever)
(いつまでも君と居たいんだ)


I'll wait for you
僕は君を待つよ
No matter how long
どれだけでも
Please do not stand me up on Christmas
どうか帰ってきて このクリスマスに
Stay by my side
僕の傍に居て欲しいんだ
On this special night
この特別な夜に
I want you to pat my head gently
僕の頭を優しく撫でて欲しいんだ
I'm waiting
僕は待っているから


As I watch the street light
街の灯りを見ながら
I look back at the past
僕は過去のことを思い返す
All the days we spent
僕らが過ごした全ての日のことを
All the time we shared
僕らが共有した全ての時間のことを


Warm light from the house window
家の窓から零れる暖かい光
(surround me.)
(僕を包みこむ)
making my tales drop low
それは僕の夢物語を終わらせるんだ
O-o-o-o-o-o-o-o
O-o-o-o-o-o-o-o
Snow starts falling from the sky
そして雪が降り始める
(I hear) people singing from far away
遠くで 人々が歌っているのが聞こえるんだ
O-o-o-o-o-o-o-o
O-o-o-o-o-o-o-o
lying down in front of entrance by myself
けれど僕は独り 入り口のところで横たわって
Wondering when she is coming back with our feast
彼女はいつ ご馳走を持って僕のところに帰ってくるんだろう なんて思ってる


Are you going to laugh when I tell you that I'm still sitting by the gate?
僕はまだ君のことを あの場所で待っているなんて言ったら 君は笑うかい?
Stars twinkled up high
星々は空高くに輝ていて
It seemed like one of them had glittered at me (Somewhere)
それは僕を明るく照らしていたような気がしたよ 
in my heart I know that you are gone (had glittered at me)
心のどこかでは分かっているんだ 君はもう帰ってこないんだってことを
If miracles exist, I wish she'd come back
だけどこの世界に奇跡というものがあるなら 僕は君が帰ってくることを願うよ



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。